おこづかい教室in春日井

2013-07-22

【報告】おこづかい教室in春日井(こづかいゲーム)

7月、夏休みに入ってすぐの月曜日に、

愛知県春日井市で「こづかいゲーム&講演会」が開催されました。

午前に親子でこづかいゲーム、

午後は保護者向けの講演会。

春日井にお住まいの保護者の方が主催してくださったのです。

お友達に声掛けしてくださったり、

手作りのチラシを作ってお店に置かせてもらったりして、

たくさんの方に参加いただけました。

学校の行事ではないので、

意識の高い親子の参加だったと思います。

こづかい帳はすらすらと書ける子が多かったかも。

一生けんめい自分で考えて買いものをしている子どもたち。

そして、その様子をじっと見守る保護者。

無駄遣いをすることなく、きちんと考えている姿を見て、

おうちでもこづかい制を始めても大丈夫だなと、気づいてくれたと思います。

元気な子どもたちのパワーをたくさんもらって、

私も元気になれました。

ありがとうございます。

アンケートを紹介します。

【午前こづかいゲーム】
ゲームを使ったお金の教育に関してのご感想

〇ゲーム感覚でおぼえられるので、とてもいいと思いました。

〇今までおこづかい帳をつけた事が無かったので、書くことによっていろんな事が具体的に分かるのでつけさせたいと思いました。又、買いたい物を目標として書かせると我慢もある程度できるのかなぁとおもいました。

〇小さい時から何回も経験していくといいと思います。

〇子供達が自然にやりくりを覚えられそうです。また少し時間をおいてから、やりたいです。

〇シュミレーションできて良かった。

〇まだおこづかいを渡してないが、そろそろ考えようと思った。

〇お金をどう使うかのイメージがついてよかったと思う。

〇買ったものの振りかえりが出来てよかった。

〇自分の手持ちのおこづかいの中で、無駄使いをせずにうまくできるのだなあと思いました。

【午後】講演のご感想

〇いろいろありすぎて…汗
でも今日、先生のお話を聞いて、ほとんどの事は自分で決めさせても良いんだなぁと思い、親がそんなに心配しすぎなくてもいいのかなぁと思いました。

〇子供の成長にあわせて長いビジョンで見守ることの大切さを感じた。
自由という本当の深い意味を子ども自身が知ったり考えるチャンスがあるのだとお手紙を読んでもらった中から感じます。大人向けの具体的なファイナンシャルなお話しも次回して欲しいです。

〇これからお金をどう渡していけばいいのか全くわからなかったので、とても興味がありました。自分で考える力、必ず必要なものだと思っていました。お手伝 いの考えも先生と一緒だったので、嬉しかったです。お手伝いの中で、自分で考える機会と思っています。お金も同じ考えでいいのだなと思いました。
“自分で決めたことに関しては納得する”ことができる子になってほしいです。
早速家族会議を開きたいと思います。ありがとうございました。

〇おこづかい帳セットを作るのは良いなと思いました。取り入れたいと思います。

〇今日はありがとうございました。
子供とルールを決めて少しずつですがやってみたいと思います。

〇私はつい失敗しないように口を出してしまうことが多いのですが、お金の管理も子供に任せて見守ってみようと思います。大変参考になりました。ありがとうございました。

〇子供たち自身でまかせるのはなかなかむずかしいし、心配ではありますが、少しずつ決めさせてやっていきたいと思いました。

〇私はいろいろなところに手をかけて育ててしまったのだと感じました。それが成長を遅らせてしまったのかと反省してしまいました。今までやってきてしまったことを少しずつ見守って生きたいと思いますし、私もまだまだ成長していかないといけないとも思いました。

〇一度決めたルールは親が守る、愛情を持って見守ることが大切、というお話がよかったです。お金の意識で物を大切にする気持ちが芽生えることに感動しました。

〇息子が小学生になり、夫とおこづかいについて「どうしようか?」と話すことが増えていました。今回お話を聞けたことで、我が家のルールづくりに取り組もうと考えることができました。本当にとても勉強になりました。ありがとうございました。

〇ご自身の体験談も交えて非常に参考になりました。今一番気になるのが中2の長女ですが、「見守っていける」よう努力してみます。

たくさんのうれしいご感想ありがとうございました。